平坦な戦場で

アクセスカウンタ

zoom RSS それもいいけど・再掲

<<   作成日時 : 2007/12/14 02:03   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

YouTube、ついにムービー投稿者に広告収入の分配を開始

 ニコニコ動画をよく利用する人間からしてみると、youtubeが目指す方向には一抹の不安を感じる。確かに収入の分配によってyoutubeには質の良い動画が揃うことになるだろう。例えば、収入が期待できるなら投稿者も制作費をいくらか余分に張りこむかもしれない。あるいは投稿者が他ストリーミングサイトとどちらに投稿しようか迷った時、youtubeで優先的に配信するかもしれない。
 しかし、問題はこの先。youtubeの狙いはそうしたコンテンツの充実によるページビューが増加であり、それが最終的には広告料の値上げに繋がって視聴者への分配分をまかなう算段なのだろうと予想する。しかし、そう上手くいくだろうか。
 ニコニコにはyoutubeの他、様々なストリーミングサイトから「輸入」されてきた動画がいくつもある。例えばニコニコで「ネットラジオ」と検索すると、その時点で何の制限もなく(有料だったり、会員登録が必要だったりせず)配信されているネットラジオが見つかったりする。
 つまり他サイトでダウンロードして、わざわざニコニコ動画に再アップロードする人間がいるのである。彼らがそんな面倒なことをする理由は、おそらくニコニコで見たほうがyoutubeなどのサイトで独りで見るより楽しいからだろう。youtubeにもコメントをつける機能はあるが、ニコニコでの一体感には及ばない。動画を見ながら「テラ豚丼すげぇ」と思ったと同時に画面内を「テラ豚丼自重ww」という文字列が流れる時のような快感は他の配信サイトでは得ることができない。ニコニコの利用をはじめてから、youtubeを観なくなった人は私の他にも結構居るのではないだろうか。
 つまり、いくらyoutubeが製作者にお金を支払ってyoutubeに良い動画が揃っていても、それはすぐにニコニコのような「閲覧方法がより面白い共有サイト」に「輸出」されてしまい、ページビューには繋がらないのではないかと危惧する。
 もちろん製作者にお金を払うことは必要だし、いっそのこともっともっとお金を払って地上波の放送局からコンテンツを奪ってしまって欲しいとも思う。だけどニコニコを愛用する人間から見たら、コンテンツの充実を図る一方でyoutubeは「そのコンテンツを面白く閲覧する方法」の研究も進めなければならないと感じる。

*この記事はとある関連性の薄い記事に早とちりでトラックバックを飛ばしてしまったため、一度削除し再掲載しました。

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
それもいいけど・再掲 平坦な戦場で/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる