平坦な戦場で

アクセスカウンタ

zoom RSS 「アニメプロデューサー ニコニコ動画を批判」の話題

<<   作成日時 : 2007/11/21 11:03   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

一ヶ月以上乗り遅れているらしいのでこっそりこっそり書く。

くだんのラジオ:偽・うpのギョーカイ時事放談SUPER! 第4回放送
配信者:偽・うp/GNE&SG
URL:http://www.geneon-ent.co.jp/rondorobe/gne-sg/


動画配信サイトが当たり前の存在になった今思い返してみると、地上波のテレビ放送は制限の多いメディアだった。

好きな時に観れない
好きな回数だけ観れない
好きなアニメを観れない
しかもノイズが入る
しかもCMが入る
(他の人と一緒に観れない)

これでは好きな作品を思う存分楽しむことはできないので、視聴者はこの制限を解除するために仕方なくアニメのDVDを購入した。逆に言うと制限のあるメディアで配信されていたことがDVDの購入動機につながっていた。
しかしインターネットはこれらの制限を取っ払ってしまった。今や動画共有サイトを回ればDVDを持っているのとほぼ同じ利便性を「無料で」享受することができる。問題は法律的にクリアではなく、また一次配給者が居ないので「善意の」ユーザーによるアップロードに頼らねばならないということ「ぐらい」だ。
もし配給会社がアップロード社を取り締まらなかったらDVDを買う動機の一部は消滅し、その分の売上げは減少するだろう。製作者はその減少が致命的になることを恐れ、著作権法を利用して共有サイトを取り締まっている。しかし、全てを潰しきることができず怒り心頭に……これが現状である。

くだんのラジオを聞いてみるとどうやらプロデューサー氏は既存の構造の中でさらに取り締まりを強化することによってこの業界を生き長らえさせるように考えているようだ。
しかし私はいち視聴者として極めて素朴に、無責任に「アニメ業界はネット配信で利益を得る方法を見つけ、構造転換を図って欲しい」と思う。理由は言うまでもなくそっちの方がずっと便利だからだ。ちょっと大きな事を言えばせっかく上位互換のインフラがあるのに活用しないのは社会として不健全だと思うからだ。
また、一度ネットを通じてオンデマンドにアニメを視聴することの便利さを覚えてしまった視聴者たちはいくら規制が強化されても簡単に元の構造には収まらないはずである。グーグルから簡単に違法動画に辿りつくことができる今、その便利さを体験する人はどんどん増えている。地上波放送&DVDで制作費回収、という構造自体が崩れ始めてるように見えるのだ。

こんなこと今さら私が言わなくても、アニメ業界の人なら一度はWeb配信の青写真を描いているのだろうと思う。にもかかわらずそれが実現しない理由は「ネット配信のみのアニメ」に前例が少ないorほとんど無いからだろう。確かに製作会社がネットで高画質のものをオンデマンドで配信してしまったら、たぶん制作費は取り戻せないだろう。

当然私も簡単に思いつくはずがない。とりあえずサイトを巡回していたらWeb配信における制作費の回収方法について言及した記事をいくつか見つけたので適当に羅列してみたい。

1、ネットで無料配信してもDVDの売上げは減らない
2、ネットで制限配信すればDVDの売上げは減らない
3、有料配信で儲ける
4、広告で儲ける
5、グッズで儲ける
サッと巡回した限りではこの五つの方法があった。簡単に説明する。

1はもっとも楽観的な意見。そもそもアニメDVDを買う目的は制限解除のためだけでなく「製作者への感謝を示したい」「パッケージとして手元に置いておきたい」「初回特典が欲しい」といったコレクター根性だったりする。制限解除を目的に買う人の減少はあるだろうが、「ネット配信によって視聴者数は増えるだろうから」全体としては売上げが落ちない。

2は「画質を落とす」「何かマークを入れる」「放送時期を限定する」「(4とも被るが)L字型の広告を入れる」などの方法によって意図的にネット配信時の品質を落とすことで、完全版であるDVDを買わせる案である。
これは視聴者に不完全なものを与えて完全なものへの購買意欲を煽るという点で点で既存の地上波放送&DVD販売とと構造が同じであるため、限定を強めすぎるとせっかくネット配信にした意味がなくなってしまう。そしてその場合再び「善意の」うp主を生むことに繋がり、現在と全く同じ構造になってしまう。どの程度限定するかの匙加減の難しい方法である。

3は文字通り。2と同様の問題があって料金の匙加減が難しい上に、Web上のサービスは無料が当たり前になっているため視聴者からはかなり高いハードルになる気がする。

4も文字通りだが相当難しいはずだ。地上波放送であったにもかかわらず広告スポンサーは付いていなかったのだから。

5も文字通りサントラ、フィギュアなんかを売って稼ぐ方法。

1〜5まで全てについて「本当にそれだけで稼げるの?」という疑問がついて回るが、それはどっかの会社がやってみるまで確証は取れないんじゃないの?と思う。また1,2,5の案に顕著なようにこれらの手法は「ネット配信の方が視聴者が増える」という前提が正しくないことには成立しない。うーん、さすがにここまで不確定要素が多いとスポンサー側がしり込みするのも解るというものだ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
Purchashing xanax with mastercard.
Buy xanax. Buy generic xanax information. Xanax. Xanax 2mg. ...続きを見る
Xanax.
2008/04/03 21:43

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「アニメプロデューサー ニコニコ動画を批判」の話題 平坦な戦場で/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる